人前じゃ言えないっ!

21歳素人童貞オナ猿が思っていることをさらけ出す

禰豆子で抜いた男

僕も多くの人々同様 ♯おうち時間 を強いられている。

最初はゲームなどで時間を潰していたが、やがて飽きが来た。

 

そこで、現在大流行中の鬼滅の刃に手を出してみた。

説明するまでもないかもしれないが、一応あらすじを以下に説明する

時は大正時代。時は大正。主人公・竈門炭治郎は亡き父の跡を継ぎ、炭焼きをして家族の暮らしを支えていた。炭治郎が家を空けたある日、家族は鬼に惨殺され、唯一生き残った妹・竈門禰󠄀豆子も鬼と化してしまう。禰󠄀豆子に襲われかけた炭治郎を救ったのは冨岡義勇と名乗る剣士だった。義勇は禰󠄀豆子を「退治」しようとするが、兄妹の絆が確かに残っていることに気付き剣を収める。義勇の導きで「育手」鱗滝左近次の元を訪れた炭治郎は、禰󠄀豆子を人間に戻す方法を求め、鬼を追うため剣術の修行に身を費やす。2年後、炭治郎は命を賭けた最終関門である選別試験を経て、「鬼殺隊」に入隊する。

 

作中では、鬼の中でも特に強い上弦の鬼という鬼が登場する。上弦の鬼は上弦の壱から陸までがいるのだが、単行本8巻〜11巻あたりの遊郭編では上弦の陸との戦いが描かれる。

 

さて、この上弦の陸との戦いで

"炭治郎優勢の状況が続いていたものの、命の限界に踏み込みかけてしまったことで戦況は逆転。一転して、助けに入った禰豆子と上弦の陸が戦闘を始める。"

というような場面がある。

 

そしてその場面で禰豆子が大人化するのだ

f:id:chkid:20200514023739p:image

このように

 

いや、決してエロいシーンでは無いんだよ!

普通にこの後も四肢が飛ぶようなバトルを繰り広げてるし、バトル真っ最中なんだよ!

 

そんなシーンなのに僕の愚息は反応してしまった。

そこから僕は抗えなかった。

気がつくと白いスペルマを放出していた。

 

醜女(しこめ)ならぬシコ女…

 

これが言いたかった。

 

どうせ抜くなら鬼滅の刃のパロAVで抜く方が健全な気がするし、作中ではカナヲが好きなので彼女で抜きたかった。

 

遊郭編を読み終える頃、僕の思考はとてもクリアになっていた。遠い昔、遊郭からの帰路につく人々も同じ状態だったのだろうか…?

 

悠久の歴史に想いを馳せつつ今回はここら辺で筆を置く。

 

Tinderで遭遇した個性豊かな男たち(随時更新)

ワタシ…いや、僕がTinderでネカマをやっていく中で遭遇した個性豊かな男達を随時紹介していく。(最終更新日:2020/05/14)

※個人が特定出来るような情報は晒しません!あくまでも、やり取りの中で「ん?」と思った人を紹介するだけです

 

1人目

f:id:chkid:20200515182021j:image

「女さん!」って声の掛け方が独特

「マンさん」を「女さん」に書き換えて掲載するまとめブログにでも影響されたのだろうか

 

このファーストコンタクトで果たして彼は出会えているのか?

 

2人目

f:id:chkid:20200515182025j:image

自分がdisられた訳では無いのにさすがにムカついた。いきなり初手で「ブス?」はいくらなんでも失礼過ぎる。アイコンは晒さないが、こいつ自体大してイケメンでもなかったのがまたムカつくポイント。DQN丸出しのプロフィールだったしDQN嫌いが加速した。

こういう奴でも生きていける日本ってすげぇや…。

 

 

Tinderでネカマやってみた

「セックスしてぇなぁ…」

 

なんて考えながら自慰をしていた時に以前友人に言われた言葉を思い出した。

 

「お前はまず口説き方でも学んだらどうだ?Tinderでネカマやってみ?」

 

早速Tinderをインストールした。

 

ネットで拾ってきた女の子の画像の顔部分に、Twitterの加工で押せる😎←こんな感じのスタンプを押してトプ画を作成。

f:id:chkid:20200512161353j:image

↑イメージ

 

名前は中学時代好きだった子の名前で登録し、準備完了

 

適当に右スワイプした結果…

f:id:chkid:20200512161945j:image

入れ食いである。

 

基本的こちらからメッセージは送らないのだが、ファーストメッセージは

「こんにちは!」

「はじめまして」

的なものが多い。

 

恐らくだが、Tinderは男女比がめちゃくちゃ偏っている。そのため、1人の女の子にめちゃくちゃメッセージが集中するのだ。

 

当然、よほど律儀な人でない限りメッセージに全レスなどしない。

何十件もあるメッセージの中から、返信してもらえるようなメッセージを送らなければならないのだ。

そういった観点から言えば、前述したありきたりなメッセージは論外である。(童貞並感)

 

じゃあ何と送ればいいのさ?という声が聞こえてくる。

 

それは僕もわからない。

 

Tinderを使ったところで良い口説き方を学ぶことは出来なかったが、悪い例を学ぶことは出来た気がする。

 

また、ファーストメッセージ以外で印象が悪かったユーザーの特徴を以下に列挙する。

  • アイコンがプリクラやsnow(加工が強い)
  • プロフィールなどに「ヤリモク」などと書く(よほどイケメンでもない限り門前払い)
  • アイコンがキメ顔(よほどイケメンでない限り滑稽)←日常の一瞬を切り取った笑顔の写真とかは印象が良かった
  • 学歴をローマ字で書く(例:Wase○da University)
  • 裸を載せる人(筋肉アピール)

 

あと個人的な印象としてはキモヲタみたいな人種は少なく、(意外と?)陽のヴァイブスを感じるユーザーが多かった。

よく見るとイケメンでは無いが、雰囲気は爽やかな感じのユーザーが多かった。

 

もう少しネカマをしてみて思うところがあったら追加する。

 

 

 

AVに初めてお金を落とした【奏音かのん】

先日初めてAVにお金を落とした。

 

A○Bのゆ○りんで精通したこともあってか、僕はずっとアイドルのグラビアをオカズに自慰をしてきたが、Twitterで奏音かのんちゃんを見つけて少し嗜好を変えてみようと思った。

 

DMMのプリペイドカードをコンビニで購入した僕は、奏音かのんちゃんの『円女交際 中出しok18歳クラスNO1美少女娘奏音かのん』を購入。

https://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=pkpd070/

PS4にDMMのアプリを落とし、TV画面で視聴する準備を整えた。

 

パンツを脱いでいざ視聴。

 

最初はかのんちゃんの自慰のパートでした。

僕の股間は既にロマンスロケットを発射する準備は万端でしたが、性行為のシーンが見たかった僕は10分ほど自慰を視聴した後、60分頃〜の性行為のシーンへスキップ。

 

いわゆるAV正常位での挿入シーン、仰向けになったかのんちゃんの顔が、大学時代好きだった女の子にそっくりなことに気付いた。

参照:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/正常位

 

一目惚れだった。

 

ペニスが硬さを増すのが分かった。

 

右手も速度を増す。

 

身体の奥から快感が押し寄せてくる。

 

もう止まれない。

 

快感が頂点に達し、僕の中の欲望が放たれた。

 

そのまま仰向けに倒れ眠りに落ちてしまった。

 

15分ほどだろうか、眠りから目覚めた僕はティッシュで下腹部の掃除をする。

大学時代の卒業アルバム(的なもの)を取り出し、その子の写真を眺める。

 

まだTVではAVが流れていた…。

 

【飛田新地】21歳童貞が料亭で突然恋に落ち、その場で行為に及んでしまった話【レポート】

3月某日、1人の童貞が大阪の地に降り立った。春休みを利用して大阪旅行に来たのだ。せっかく観光に来たものの、特に見たいものがなかった僕はとりあえずホテルに帰って寝ることにした。

 

17時頃だろうか。昼寝によって旅の疲れが取れた僕は、4日分の精子を出し、性欲を満たすべく下腹部に手を伸ばした。チンコを弄ること数分、僕はふと思い立った。

「そうだ、飛田行こう」

大人の男性ならご存知であろうが、知らない方のために説明をしておくと飛田新地は大阪にある料亭街である。(最近では海外から訪ねてくる人もいるとかいないとか…)

「腹が減っては射精は出来ぬ」とはよく言ったもので、空腹のあまりイマイチ気分が乗らない…。せっかく大阪に来たのだから、観光がてら飛田新地に行き、美味しいご飯を食べた後でオナニーに励もうという考えである。

 

とりあえず服を着てホテルを出た僕は、電車に飛び乗った。しばらく電車に揺られていると、天王寺駅へ到着。天王寺駅に降り立つとなぜかムスコが元気になったので、トイレに駆け込み、ムスコが鎮まるのを待った。

 

天王寺駅から10分ほど歩くと飛田新地に辿り着いた。何軒もの店が立ち並び、客引きを行なっている様子は圧巻の一言であった。

 

飛田新地の料亭では仲居の若い女の子と店番のおばさんが客引きを行なっている。

店の前を通るとおばさんからはもの凄い勢いで声をかけられる。また、仲居の女の子はお店によって様々な衣装に身を包んでいて、目が合うと微笑みかけてくれる。(しかも可愛い)これだけでも僕のような恋愛弱者であれば恋に落ちてしまいそうである。

せっかくなら可愛い仲居さんのところでご飯を食べたいと思った僕は、とりあえずメインの通りのお店を全て見て回ることに…。結局何周かし、迷いに迷って決めたお店に入ることに。(何周かする間に仲居さんのが別の人に入れ替わっていたお店も少なくはなかった)

 

今回入ったお店の仲居さんは芸能人で言うと小倉優子似でした。(以下優子)

 

対戦よろしくお願いします。

 

さて、お店に上がると2階に案内され、料金の説明をされた。どうやら時間制の料亭らしい。料金は20分16000円、30分21000円…というような具合。早食いには自信があるので20分を選択。

料金を支払うと優子がお金のやり取りのために1階へ。優子に去り際に服を脱いでおくように指示されたので服を脱ぐことに。

料亭で服を脱ぐ必要性が分からず、少し困惑したが「ちょっと前に話題になったNaked restaurantのスタイルを踏襲しているのだろうか?」などと勝手に納得し、服を脱いだ。生まれたままの姿でしばらく待っていると、優子が帰ってきた。

さて、優子が帰ってくると何故か室内に敷かれていた布団に寝るように言われた。流石に寝ながらご飯を食べるのは行儀が悪くて嫌だなぁ…と思いながら寝そべると、優子はウェットティッシュで僕のチンコを吹き始めた。

 

!?

 

僕は料亭に料理を食べにきたのだが、そこで優子と恋に落ちてしまい、自由恋愛に発展したようだ。

 

優子「お兄さん他のところは行ったことあるの?」

 

僕「え…いや…始めてです…」

 

優子「あーそっかぁ!そら緊張するなぁ!

 

などと会話をしているうちに、優子は僕のチンコにゴムを被せてフェラを始めた。

 

僕「…(これ電動オナホと同じじゃん)」

※これのこと

https://chkid.hatenablog.com/entry/2019/01/30/155237

 

童貞故に"フェラ"という行為に対する漠然とした期待が膨れ上がっていたが、思っていたほど気持ち良くはなかった。いや、間違いなく気持ち良いのだが想像した程では…などと考えてるうちに射精感が高まってきた。

 

僕「イキそう…。」

 

優子「あ、ホンマ?やっぱ挿れたいやr」

 

僕「(食い気味に)はい。」

 

優子「好きな体位とかある?」

 

僕「いえ、特に…性行為自体が初m…童貞なので…」(書いていて思ったがここの反応が最高に童貞臭い)

 

優子「ホンマ?じゃあめっちゃ緊張するやん!ちゃんと最後まで出来るかな…?」

優子「普段1人でする時はすぐイケる?」

 

僕「…。(一瞬でイクことも出来れば2時間くらいやってることもあるなぁ…)」

僕「変幻自在です(ドヤァ)」

 

優子「(^^;」

 

こんなやりとりの後に挿入。体位は騎乗位。

 

僕「これがまn…。(流石にキモいと思って留めた)」

僕「おっぱい触っていいですか?」

 

優子「^ ^(腰を上下させながらおっぱいにかかってた髪の毛を退ける)」

 

それから10秒くらいだろうか。

 

僕「…(これも電動オナホと変わらないなぁ…あのオナホって本当にセックスさながらだっt…)」

僕「あ、イキそう…(ドピュッ…ドクッ…ドクッ…ドクッ…)」

 

優子の「うせやろ⁉︎」というような顔が印象深かった。

 

日頃のオナニーにより刺激には慣れてるとはいえ、オナ禁4日目の状態で行ったことが裏目に出てしまった。これなら15分コースでもいけた気がする。(よく童貞は緊張してイケるかわからないから20分や30分で長めにとった方が良い、というネットの書き込みを見るが、オナ禁で十分対応可能な気がする※あくまでも個人の意見です)

 

ゴムを外し、ウェットティッシュで自身のイチモツを拭く…その間の無言が気まずい。

しかしながら、そこで気の利いた言葉を言えるものなら、そもそもここに来ることにはなっていないため、無言で優子を眺める。

すると、優子も気まずそうに微笑む。

それを見た僕が気まずそうにニヤける。

……

 

なんてことをしている間にベルが鳴り、終わりの時間がやってきたので、お茶とペロペロキャンディを貰って料亭を後にした。

 

 

感想

フェラの時にも思ったが、童貞を拗らせる内にセックスやフェラに対する期待が高まり過ぎていたようだ。正直快感で言えば電動オナホとそう変わらず、手淫には劣る気がした。

では、今回のお店に満足感が無かったか?と言うと満足感が無かった訳ではない。むしろ満足している。

今まで童貞であることに対して異常なまでにコンプレックスを抱えていたが、"セックスがそこまで気持ち良い訳ではないこと"や"セックスをしても何かが変わるわけではない"ということが分かったからである。このことで、今後素人童貞であることを負い目に感じることが減る気がした。

また、自分が童貞である理由を"顔が悪いから"と思い込んでいたが、顔以上にコミュニケーション能力に問題があると気づけたのも良かった点の1つである。

 

Twitterを最近始めました。フォローしていただけると泣いて喜びます。

 

検索用

飛田新地 レポート レビュー 体験談 感想

 

 

射精の描写で包茎かがわかる説

ドピュッ…ビュルルルルルルッッ…‼︎

 

昨晩、初めて亀頭が露出した状態で射精をした。

 

AVのように勢いよく放たれる精液を生で見るのはこれが初めてだった。

f:id:chkid:20190320183105p:image

まさにこのイラストのような感じである。

今までAVで見てきたあの勢いのある射精は、AVの中だけの出来事ではなかったのだ。

 

今まで何千回と行ってきた射精は全て「ドクッ…ドクッ…ジワァ…」といった感じの射精であった。

かつて自身の射精とAVなどの射精の相違に疑問を感じた僕は、射精に勢いが無い原因を調べたことがあった。

そこで辿り着いた結論は

  1. なんとか筋が弱い
  2. 皮を被っているから勢いが殺されている

の2つだった。

以前射精に勢いが無い理由を調べた際には、前者の"なんとか筋が弱い"故に射精に勢いが無いのだと考えた。勃起時も皮を被っているものの、先端部の精液や尿が放たれる部分は露出していたからだ。

しかし、昨晩の射精でこの"なんとか筋が弱いために、射精に勢いが無い"という考察は覆された。

亀頭が完全に露出しておらず、射精の勢いが殺されていたために、射精に勢いが無かったのだ。

 

ここまでの流れで皆さんお気づきだろうが、僕は包茎である。いわゆる仮性包茎で、手で剥くことは出来るが、基本的に通常時も勃起時も皮を被っている。

 

僕と同様に勃起しても手で剥かなければ亀頭が露出しない人たちは、普段皮オナニーに勤しんでいると思われる。そして、彼らがわざわざ亀頭を露出させてオナニーをする機会は少ないと思われる。

つまり、彼らが知る射精は「ドクッ…ドクッ…ジワァ…」といった具合の射精なのである。

 

このことから、自身の射精の描写の違いから

勢いの良い射精→勃起時に亀頭が露出する人

勢いの無い射精→勃起しても亀頭が露出しない人

と見分けることが出来るのではないだろうか?

 

現状、この説を立証するにはサンプル数があまりにも少なすぎる。今後のさらなる検証が必要だと思われる。

 

どんな気持ちで応援してるの?アイドルオタクの心理ついて個人的見解を解説

目次
1.はじめに
2.アイドルオタクになる理由

3.アイドルをどういう目で見ている?

  • 疑似恋愛の対象
  • 育成の対象
  • 心の支え
  • 性の対象

4.アイドルオタクを続ける理由

  • 推しメンが好きだから
  • はしゃぐのが楽しい
  • オタク仲間との関わりが楽しい

5.最後に

 

  • はじめに

最近は斜陽気味だが、2010年代前半はA○Bなどを筆頭に様々なアイドルグループが台頭した。その様は"アイドル戦国時代"とまで言われたほどである。

当時中学生で思春期真っ只中で、異性に興味津々であった筆者も、"アイドル戦国時代"の潮流に流されるままアイドルオタクとなった。

今回は、アイドルオタク歴7年くらいになる筆者がアイ(ドルオタク)カツ(ドウ)を通しての経験や見聞きしたことをもとに、決して世間から理解されやすい趣味ではない"アイドルオタク"になる人の心理などについて書いていこうと思う。

あくまでも個人の見解を述べるのみです。世のアイドルオタクの全てがこの通りである訳ではありません。

 

  • アイドルオタクになる理由

テレビや雑誌の影響

アイドルオタクに「なる」理由としてはこれが最も多いと思います。明確な入口(どの瞬間からファンになった)は個人個人異なると思いますが、大抵の人はテレビや雑誌で何度も目にする内に興味を持ち、それに何かプラスαがあって…というパターンが多いと思います。

 

  • アイドルをどういう目で見ている?

疑似恋愛の対象として

世間一般の人のイメージとしてはこれが多いのではないでしょうか?実際僕も疑似恋愛の対象として見ている側面はあります。最近のアイドルは握手会などのイベントが毎週のように開催され、非常にファンとアイドルの距離が近くなっています。握手会などに通っていると、やがてアイドルから自分の顔とハンドルネームを覚えてもらえることがあります。(いわゆる"認知")想像してみてください、可愛い女の子が自分の手を握りながら、笑顔で話しかけてくれるのです。冴えない男はこれだけで恋に落ちてしまいます。

育成の対象

おじさんとかに多い印象。人気のない子を頑張って応援し、人気が出たら去ったり去らなかったり…。ワシが育てた!ってのをやりたいのでしょうか?おそらく野球ファンで言う、期待の若手を応援する感覚と似ているのではないか。

心の支え

わりとよくいる。キラキラ輝いているアイドルから日々の活力を貰っている人達。一部ではまるでアイドルを現人神かのように扱う人もいる。

性の対象

要はオナニーのオカズとして見ている。どれくらい存在するかは不明だが、少なくとも自分はこれ。顔や身体つきが好みの子を見つけ、様々な媒体(グラビア、自撮り、公演など)を総動員しオカズにする。推しメン=オカズ。

ちなみに余談であるが、筆者の場合はアイドル自体に興味を持ったのもアイドルをオカズにしたことがきっかけである。

詳しくは以下の記事にて

精通 〜オナニーライフの幕開け〜 - 快楽を求めて

また、一部では"推しメン"と"抜きメン"(いわゆるオカズ)を分けていたり、「メンバーはよくオカズにするけど、推しメンは神聖な存在だから推しメンでは絶対に抜かない!」という人たちも存在するようである。

 

  • アイドルオタクを続ける理由

推しメン(またはグループ)が好きだから

やっぱりこれが最たる理由。好きなものは簡単にやめられない。

はしゃぐのが楽しい

大人しそうなサラリーマンが声を枯らしながら大きな声でコールをする…コンサートなどでは割とありがちな光景です。

オタク仲間との関わりが楽しい

筆者はオタク友達を持っていませんが、ツイッターなどのSNSでオタクアカウントを運営していると、オタク仲間が出来る場合があります。筆者自身も何度もそういった人達を見てきましたが、彼らは皆楽しそうでした。オタク仲間に会うためにイベントに参加する人もいるとかいないとか…。

 

  • 最後に

7年ほどアイドルオタクをやってきましたが、非常に楽しいです。好きなアイドルが「グラビアの撮影をしてきました👙」などと報告してくれた瞬間は、とても嬉しく、期待に胸と股間が膨らみます。本当に楽しいです。性の対象以外の楽しみ方もたくさんあります。ぜひアイドルオタクになってみませんか?